ETCをお得に利用する方法とは?ETCカードのおすすめ2選

高速道路の利用に欠かせないのが「ETC(Electronic Toll Collection System)」です。ETCを使うとインターチェンジ(IC)をスイスイ通れるので、いちいち財布からお金を出す手間が省けます。

また、ETC限定割引など料金が割引になるサービスもあるのでご紹介します。

ETCとは

電子料金収受システム(英語: Electronic Toll Collection System :エレクトロニック・トール・コレクション・システム)の略称です。

高度道路交通システムのひとつで、有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムです。

ETCの利用方法

日本で有料道路の利用者がETCシステムを利用するためには、利用者がETC車載器を購入して車に装備してセットアップし、並行してクレジットカード会社にETCカードの発行を申請して、車載器に挿入する準備が必要となります。

有料道路を利用すると、通行料金は自動的にクレジットカード会社を通して口座から引き落とされる仕組みです。

ただし、クレジットカードの契約ができない、あるいは契約を望まない高速道路利用者に向けた「ETCパーソナルカード」(後述)もあります。

車載器、ETCカード共に、「(一財)ITSサービス高度化機構(ITS-TEA)」(旧・一般財団法人道路システム高度化推進機構)がクレジット会社やセットアップ店を通じて利用申請を受け付け、情報配信しています。

ETCのしくみ

ETC車載器を導入した自動車が料金所のETCレーンに進入すると、無線通信により車載器と料金所の間で料金精算に必要な情報(車両の情報、ETCカードの番号、入口料金所、出口料金所、通行料金など)が交換されます。

通信が正しく行われ、情報に問題がなければ、ETCレーンに設置された発進制御棒が開き、車両は停止せずにそのままレーンを通過できます。

ETCレーンを通過する際はETCカードをあらかじめ車載器に挿入し、車載器によるカードの認証を終えている必要があります。

車載器がカードの認証を終えていない場合、または通信中に何らかの異常があった場合や情報が正しくない場合などには開閉バーが開かず、料金所を通過できません。

無線通行をしない場合は「一般」または「ETC/一般」の表示があるレーンを利用します。この場合、対応している有料道路であればETCカードを料金精算に利用できます。

ETCクレジットカードとは

クレジットカードの発行会社が、ETC利用者に貸与するETCカードです。次項のETCパーソナルカードが登場するまで、個人の利用者はETCクレジットカードを利用するしかありませんでした。

ETCクレジットカードの申し込みは、クレジットカードと同時に新規に申し込む場合を除いて、あらかじめETCカードの発行に対応するクレジットカードを所持する必要があります。

提携先の意向により非対応にされているカードもあるので注意が必要です。

ETCクレジットカードは通常、主契約のクレジットカードとは別にETC専用のものが発行され、クレジットカードが親、ETCカードが子の関係となります。

通行料金は、ETCカード申込み時に指定したクレジットカードのショッピング一括払いの利用として取り扱われ、ほかのクレジットカード利用分と合わせて金融機関の口座から引き落とされます。

リボルビング払い専用カードでは、ETC利用分もリボルビング払いとなるものが多いようです。

ETCクレジットカードにオススメのクレジットカード会社

ETCクレジットカードを作成するのにオススメのクレジットカード会社をご紹介します。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカードです。 ブランドは、VISA/MASTER/JCBと充実のラインナップ。年会費は永年無料です。

Tポイントが貯まりやすく、100円の利用で1ポイント貯まるだけでなく、Yahoo!ショッピングの利用で毎日ポイント3倍取得できます。

いまならカードの入会で 4,000ポイント(期間固定Tポイント)もらえるキャンペーン中です。

さらに、届いたカードで、申込月を含む2カ月目の末日までに1回のお買い物につき2,000ポイント(期間固定Tポイント)、3回お買い物すると、 最大6,000ポイント(期間固定Tポイント※) もらえます。

ETCカードは、1枚あたり年会費500円(税抜)で利用できます。

ETCカードでの利用を含めた毎月の利用額に対してTポイントが貯まります。

Tポイントが1%の高付与率で貯まるので、とてもお得ですね。

Yahoo! JAPANカードの詳細は上記のバナーをクリックしてご確認ください。

Yahoo! JAPANカード

楽天カード

楽天が運営するクレジットカードです。 ブランドは、VISA/American Express/MASTER/JCBと充実のラインナップ。年会費は永年無料です。

街のお買い物で楽天ポイントカード機能付き楽天カードを提示するだけで100円の購入で1ポイント貯まるので、還元率1%という高還元率のため、ポイントが貯まりやすいです。

さらに、楽天市場や街でのお買い物に加え、楽天トラベルなど楽天サービスでのご利用で使えば使うほどポイントUPします。

ETCカードは、楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナの会員様は年会費が無料。それ以外の会員様は年会費540円(税込み)となります。

今なら新規入会&利用でもれなく「5000円相当ポイントプレゼント」キャンペーン実施中です。

楽天カード

ETCパーソナルカードとは

クレジットカードの契約ができない、あるいは契約を望まない高速道路利用者からの、ETCを利用したいと言う要望に応えて企画された、ETC利用者識別情報カードです。

ETCシステムの全国一般運用開始からほぼ4年後の2005年11月29日、発行が開始されました。

高速道路6社が共同で発行し、ETC利用者に貸与します。

通常クレジットカードの発行に必要な「審査」に代わり、デポジット(預託金)を預託することで発行されることが、一般のETCカードとの違いとなります。

通行料金は毎月末日を締め日として1か月ごとに集計され、翌月27日に、申し込み時に指定した銀行の預金口座、または郵便貯金の通常貯金口座から引き落とされます。

特に指定する場合を除いてNEXCO中日本が6社を代表して収納事務を行います。

年会費1,234円が必要となり、これは通行料には充当されません。

ETC割引について

割引には適用要件がありますので、ご確認の上ご利用ください。

平日朝夕割引

  • ETCマイレージサービスにご登録された方限定
  • 平日「朝:6時~9時」、「夕:17時~20時」
  • 地方部
  • ご利用回数に応じ還元額(無料通行分)が付いてお得!

休日割引

  • 普通車、軽自動車等(二輪車)限定
  • 土曜・日曜・祝日
  • 地方部
  • 30%割引

深夜割引

  • すべての車種
  • 毎日0~4時
  • 30%割引

さいごに

ETCはとても便利なので、よく調べて賢く利用しましょう。

\当日でもチケット購入できる/